再発見台湾! 知らなかった懐かしさ、花蓮の旅に

出かけませんか!!

日本語で花蓮を判りやすくご案内!

花蓮日本語観光ガイド

あなたがご希望する花蓮のあらゆるをコーディネートします

台湾東部・花蓮へようこそ

台湾東海岸に面する、美しい街花蓮へようこそ。この街に関することなら何でもお答えします。

台北から台湾鉄道でわずか2時間、台北松山空港からだと45分で花蓮に到着します。(台湾鉄道の予約方法は本ホームページ「台湾鉄道予約方法」をご参照ください)

花蓮には5か所も温泉があります。また、パワースポットが多い東海岸、緑豊かな花東縦谷。さらに花蓮は、台湾人文化以外に、客家人文化、原住民文化が混在一致となっている場所で、その分、様々な食文化(グルメ)、生活文化(各種イベント・お祭り、お土産)が楽しめます。

海と山に囲まれた地形を利用したアミューズメントパークもあり、子供から大人まで楽しんで頂くことが出来ます。

台湾最後の桃源郷とも言われる花蓮。「好山、好水、好空気」と称される花蓮は、豊かな自然に恵まれ、癒しの地として最適な場所です。

時間がゆっくりと過ぎていくのが花蓮です。

日本人が対応

花蓮専門の

Coordinator

花蓮ライフ
(HualienLife)
花蓮日本語ガイド

花蓮県鳳林鎮中正路2段303號

hualien.t.g@gmail.com 

☎+886-966-58-8905

花蓮縣觀光文化産業國際交流協会との連携により、安全・安心な觀光案内を行っております。

 


花蓮県
花蓮県

【台北から花蓮までの移動方法】

速報!
2020年1月5日に、宜蘭から花蓮まで、新しくバイパスが開通します。これに伴い、台北から花蓮までの直通バスの運行が始まります。

また、同時に、今までは、桃園國際空港から羅東までしか運行していなかったバスが、羅東乗り換えで、花蓮までの直行バスを運行することが決まりました。

台北、羅東からの直行バス運行により、花蓮までのアクセス方法が増え、また、台湾鉄道のチケットも取りやすくなります。

2020年は、是非、花蓮へ皆さんお越しください。お待ちしております!

台北から花蓮までの移動方法には、①台湾鉄道を利用 ②台北松山空港から花蓮空港まで飛行機を利用 ③桃園国際空港または台北から宜蘭・羅東まで直行バスを利用、その後、台湾鉄道を利用の3つの方法があります。(2020年からは、台北、羅東から花蓮までの直行バスも運行開始となります)

桃園国際空港から宜蘭、羅東までの直行バスが運行されたことにより、非常に便利になりました。羅東から花蓮までは約1時間。最悪、鉄道が満席でも、一時間ぐらいなら我慢できる距離ですよね。

(1)台湾鉄道を利用して移動

もっとも利用者が多いのが、台湾鉄道を利用しての移動。台北駅から新型特急(普悠瑪 号・太魯閣号)で約2時間。旧型特急(自強号)で約3時間半。急行列車(莒光号)で4時間半。

チケットの予約方法は、本ホームページ「台湾鉄道予約方法」をご参照ください。尚、台北・花蓮間は超人気路線ですので、予約受付開始と同時に予約しなければすぐに完売となります。十分にご注意ください。予約は日本語版がありますのでご安心ください。
https://www.railway.gov.tw/jp/index.aspx

(2)飛行機を利用して移動

フライト時間わずか40分。飛び立てばすぐに花蓮に到着です。「台北・花蓮間の飛行機は、乗客数が少ないと突然フライトを取りやめる」とか「天候が悪いとすぐにフライトが取りやめになる」という情報が流れているらしいですが、まず、「乗客が少ないとフライトが取りやめになる」という事はありません。天候が悪い場合というのは、台風が来ていたり、大雨が降っている場合で、これは通常のフライト取りやめの場合と変わりません。以前は、台北・花蓮間の飛行機は危ないという話がありましたが、今は、エバー航空の子会社ユニ航空が運行しており、決して危険ではありません。

是非、飛行機もご利用ください。東京からだと、同じ台北松山空港から飛びますので便利です。

座席の予約はネットからでも出来ます。https://www.uniair.com.tw/uniweb/index.aspx

また、ユニ航空では、外国人限定割引制度もあります。是非、ご利用ください。

https://www.kkday.com/ja/product/12168

(3)バス+台湾鉄道を利用して移動

まず、台北駅北側のバスターミナル「轉運站」から葛瑪蘭交通で羅東まで行きます。約70分で羅東に到着します。そこから、台湾鉄道に乗り換えて花蓮まで。羅東のバス停の目の前が羅東駅なので迷うことはありません。尚、羅東から花蓮まで、新型特急(普悠瑪 号・太魯閣号)は立ち席はありませんからご注意ください。羅東から花蓮までは約1時間~1時間半。尚、台北轉運站1階の窓口で「台北往花蓮聯運票」と書いて渡せば、222元で花蓮までチケットが買えます。但し、この場合、羅東からは区間列車のみの乗車となります。(所要時間1時間半)

11月19日からは、桃園国際空港から宜蘭、羅東までの直行バスが運行されました。

桃園国際空港から宜蘭・羅東までの直行バス時刻表

桃園空港発 宜蘭・羅東行(星期一=月曜日)

宜蘭発 桃園空港行 (星期一=月曜日)

【花蓮に来るならこれだけは用意しましょう】

まず、花蓮の冬ですが、12月中旬頃から2月下旬頃までが冬の様な天気です。

気温は最低で9度、最高が17度位。しかし、時には20度ぐらいまで気温があがる事もあります。また、花蓮の冬は北東の風強く吹く事があり、体感温度は実際よりも低く感じることもあります。

また、日本の様に暖房設備など整っていなので、ホテルも暖房はありません。乗り物に関しては、冬でもクーラーが効いているので要注意です。

したがって、この時期に来る人は日本の冬と同じ服装でも十分だと考えた方がいいでしょう。特に、寝間着は厚手の物を用意されることをお薦めします。

次に春と秋ですが、基本的にないと思っておいた方がいいでしょう。

昨日まで冬だったのが、朝起きると初夏(と、言っても、いきなり30度を越える事もある)になります。そして、翌日また冬になる。
それを三月上旬ぐらいから約二週間ほど繰り返し初夏へと突入します。ゴールデンウィークの頃は日中は30度を越しますので、半袖で十分です。5月中旬前後から約10日ほど梅雨が来ます。梅雨が終わればいきなりの真夏。

夏は5月下旬から10月下旬まで。最高気温は連日35度以上になりますが、日陰に入ると意外と涼しいのが他の台湾の地域とは違う点です。

ただ、陽射しは日本とも台北とも比べものにはなりません。「夏の花蓮の陽射しは人を食う」とまで言われるほどです。故に、薄手の長袖とサングラスは必需品。帽子も忘れず。

後、3月から10月まで花蓮には「小黑蚊」という厄介な蚊が出てくる。体長2mmほどなので気がつきません。かゆいなあと思って時にはもう手遅れ。しかも大群でやってきます。かゆみは半端じゃありません。でも、不思議なもので慣れてしまうと、一瞬はかゆいが、すぐにかゆみは消えていきます。でも、日本からお越しになる方々は、十分にお気を付けください。ちなみに、日本製の虫よけスプレーは役に立ちません。花蓮に来てから以下の写真の虫よけを購入されることをお薦めします。この虫よけは日本のアース製薬製で、予防以外に刺された時に塗るのも効果があります。

後、アリにも注意。色々なアリが生息しています。特に、赤いアリには要注意。咬まれるととても痛く、腫れてきます。外ではあまり座り込まない様にした方がいいでしょう。ベンチでも同じです。

蛇に関しては毒蛇がいます。特に要注意はコブラ。蛇を見た時は近寄らず、さっさとその場を立ち去る様にしましょう。

日本アース製薬製の虫よけ(台湾限定販売のようです)

HualienLife(花蓮ライフ)とは

花蓮ライフは、花蓮に関するあらゆることをコーディネートしています。
例えば、

*花蓮観光に関するコーディネート(コースのご提案、宿泊先の手配、ご案内)

*高校・大学の課外プログラム、企業の社外研修に関するコーディネート(プログラムのご提案、実施に関するあらゆる手配、実施時の引率)

*研究・取材・撮影に関するすべてのコーディネート

*湾生の里帰りのためのコーディネート(事前調査、当日のあらゆる手配、ご案内)

*花蓮で開催するイベントのコーディネート(企画、手配、実施、イベント後のフォロー)

*企業間の合弁・花蓮進出日系企業のためのあらゆるコーディネート

等々、花蓮を舞台にしたあらゆる事例に関するコーディネートをおこなっております。

花蓮のガイドブック(花蓮北中部編と鳳林編)&花蓮で活躍した日本人についての書物が販売されています。是非、ご一読ください。

花蓮旅行に関するご感想、ご要望、ご意見、思い出話等々、皆さんのお声をお寄せください。

https://www.facebook.com/hualien.reviews/


花蓮に関する様々な情報を私たち花蓮在住の日本人夫婦が実際に現地を訪問し、「これなら安心してお薦め出来る」と確信した場所を皆様にご紹介します。

台湾花蓮のご旅行に関するお問い合わせは
下記のフォームをご利用ください

お問い合わせの際のご注意:当方からのお返事はe-mailにてお返事を差し上げます。尽きましては、ご登録頂きますメールアドレスは、携帯のメルアドではなく、e-mailアドレスでお願いします。携帯アドレスの場合、当方よりのお返事メールが届かない場合があります。(特に、ドコモ、auはe-mailが届かない事が頻繁に発生いたします。)